Pick Up〝midorikawa〟×〝Twoness〟

皆様こんにちは。

今年も残すところあと僅か...
如何お過ごしでしょうか?

本日は
New York在住のマスクアーティスト
shin murayamaが
手がけるブランド
〝Twoness〟と〝midorikawa〟の

コラボアイテム
紹介させて頂きます!

↓↓↓

WOLFGANG L/S TEE
¥10,000-(+tax)



WOLFGANG L/S TEE
¥12,000-(+tax)
.

.

.

.

.
プリントの被写体と
〝WOLFGANG〟......?

気になりますね。

こちらについては
二つの推測があります。
もしくはダブルミーニングの可能性も....

まず一つは
ドイツで最も成功した
レーベルと
言われている
〝Kompakt〟の共同設立者であり
時代を定義する作品の
数々を生み出してきた
ドイツ・テクノシーンのパイオニア
ウルフガング・ヴォルト。

大胆にプリントされている顔の正体は
〝エイペックス・ツイン〟
本名はRichard D. James。

イギリスのミュージシャン、音楽家
作曲家、DJであり
その作曲ジャンルは多岐にわたり
テクノ、アンビエント、エレクトロニカ
ドラムンベース
アシッド・ハウスと多彩である。

彼は自らの顔をコラージュした
CDジャケットが有名であり
今回のモチーフは
1999年発売のアルバム
Window Lickerのジャケットをコラージュ。

つまり今回のプリントの真意
自らの顔の下に
〝WOLFGANG〟が意味するものは
エイペックス・ツインから
業界の大先輩である
ウルフガング・ヴォルトへの敬意を
示しているのではないだろうか。


二つ目は
ドイツ出身の写真家であり
かつてApex Twinを被写体とした
作品を発表している
ヴォルフガング・ティルマンス

身近なクラブカルチャー周辺写真や
人物写真、静物
抽象系を扱う彼にとって
エイペックス・ツインのユニークな
ジャケット写真は印象深く
また、作品を通し、相互にとって
深い関係だからこそ
敬意を表して〝WOLFGANG〟と
プリントしたのかもしれない。

真相は如何に....。