Pey`s Blog #01

皆様こんにちは。

1月も後半に差し掛かり
冬の寒さも本格化して参りました。

一方で店頭には各ブランドより
春夏の新作が沢山入荷致しております。
〝春夏〟という言葉を聞くと....
まるで〝先物買い〟の様なイメージを持たれる方も
多いかと思いますが安心してください。

実はこの時期の1st,2ndデリバリーは
今すぐに着用頂けるものが多く
ラインナップも充実しております。

 さて、今回は幅広い層に支持を得る
〝 DIGAWEL〟をピックアップしてご紹介させて頂きます。


2018AW
『現在進行形の〝リアリティ〟は歩んできた道の上に』
をテーマに初のランウェイを開催したことが
大きな話題となりました。
その後も生活の大半を
ネットが占める現代において
そこで残された生活の定義を改めて考える
『ディガウェルによるオフィスウェア』の
開催などファッション業界
また、私たちファッションピープルの
興味を常に釘付け。

先日届きました
待望の19SS最初のデリバリーは
個人的に〝これぞ DIAGWEL!〟と
思える旨味凝縮アイテムばかり。

まずはブランドの代名詞とも言えるシャツ。

 

Brand : DIGAWEL
Item : DROP SHOULDER SHIRT
Color : WHITE,BLACK,BEIGE
Size : 2
Price : ¥22,000-(+tax)


Brand : DIGAWEL
Item : LONG SHIRT
Color : WHITE,BLACK,BEIGE
Size : 1
Price : ¥24,000-(+tax)

兼ねて定評のあるDIGAWELのシャツですが
特に今回の2型はまるで
ホテルのベッドシーツのような
目の詰まったコットン生地。

やや硬く,袖を通した時の
ゴワっとした質感は
シャツ好きには堪らないポイント。
シャツにおいて重きをおくべきところは
人それぞれ。

見た目のかっこよさ
肌あたりの良さ
シワにもならない、
気にせず洗えて
すぐ乾く、、、などなど。

しかしDIGAWELのシャツは
先ほども書いたように
柔らかいというよりは
ゴワっとしており
ボタンの開閉の際に腕を曲げたり
椅子に座ったりした際には
そこにシワができます。
目が詰まっている為
特質して洗濯後乾きの
早いわけでもありません。

 

それでも〝なんか良い〟シャツ。

 

先頭のほうでも書かせて頂きましたが
DIGAWELのモノづくり
表現は常に私たちの〝リアル〟であり
デザイン的な魅力は言わずもがな
根底には常に 〝リアル〟に着用出来ることが
考えられています。

そこが大きな魅力でもあります。

目の詰まった上品な
コットン素材にはシワがつきもの。
むしろ、日常の中で入るシワも
魅力の一つではないか
そう思わせてくれる

〝カジュアルに着れる上品なシャツ〟

着用を繰り返す中で
徐々に柔らかく、、
その人の体型と日常の癖
動作に馴染んでいきます。

一見マイナスで淘汰されるような要素も
全て〝リアル〟

ココ・シャネルの名言にもあるように
ファッション感においては
引き算が重要視され

私の親戚のおじさんもかつて
〝人〟も〝モノ〟も完璧なものはなく
むしろ完璧である事は
〝非リアル〟だと言っていました。

 

毎日肉でも魚でも飽きますし
高級料理はたまに食べるから美味しい。
それでも米は毎日食べます。
そこで無理もしていません。

試合前日のカツ丼
トンカツにも縁の下の力持ちである
米を必ず食べます。

日常着でありながら
ここぞという時の強みでもある。

毎日のスタイリングの中で
常にどこかに
取り入れたいブランド

〝DIGAWEL〟

 

最後に、このブログでは
商品の細かいディテールやサイズ感などを含め
詳細にはあまり触れておりません。

少しでも興味を抱いて頂けましたら
iii3 OFFICIAL SITEより
各商品の詳細をご覧下さいませ。

 

DIGAWELのページはこちら

 

------------------------------------



スタイリングや最新の入荷情報は
Instagram iii3 officialアカウントを
フォローお願いします。