PICK UP〝FUMITO GANRYU〟

皆様こんにちは。

先日、一都三県の緊急事態宣言
2週間延長が決まりましたね。
解除の有無に関わらず
私たちの生活様式
個人の価値観、様々なモノ、コトが
今後大きく変化していくなかで
それらとどう向き合い
付き合っていくかが
2021年一つのテーマであるように思います。



衣・食・住の〝衣〟を担うファッション業界は
コロナ禍において何ができるのか。
今回ご紹介させて頂くFUMITO GANRYUは
〝フリーアクセス〟をテーマに
家の中ではリラックスウェアとして
どこかへ外出する際もそのままの格好で。
着用するシーンに境界をもたない
前向きなクリエーションを展開しています。




家の中で着たいと思える洋服の要素に
着心地、快適さは外せません。
今季の象徴的なアイテムの一つであるこちらは
モチっと肉厚なオリジナル素材が採用された
ジップアップパーカー。




大きめの身幅とアームホールで非常にリラックスした印象に。
大きめのフードも全体のバランスを整えると同時に
程よいアクセントに。


着方にメリハリを付けたい方は
ウエストのドローコードを絞って頂くことで
全く新しいシルエットになります。


裏地にはMA-1を豊富とさせる
レスキューオレンジを採用。
目に見えない敵(ウィルス)との共存を
強いられる現代の要素が垣間見えます。

また、こちらはジャケットタイプも御座いますので
是非合わせてご覧くださいませ。





これまでも多々ミリタリー要素を
取り入れたアイテムを展開してきましたが
今回はモッズコートM-51とシャツを土臭くなく
モダンにミックスしたアイテムも展開。



こちらも先程紹介させて頂きましたパーカーと同様
身幅、アーム共にゆったりとしたシルエット。


ちなみに、1950 年代にアメリカ陸軍地上軍に採用された
極寒防寒衣料の51 年型モデルのことを
〝モッズコート/M-51〟と言いますが、
身幅が大きくゆったりとした理由は、
大量の装備の上から着用する必要があったからです。 



装備が不要という方は是非この春夏
Tシャツの上からサラッと羽織として
お使いください。

最後に、FUMITO GANRYUの象徴とも言える
サルエルデニムの新型が登場です。
コムデギャルソン時代からそのファンは多く
FUMITO GANRYUになってから
初めてサルエルデニムが復活したときは
〝待ってました!〟とつい心の声が......

今回の新型は美しいテーパードシルエット。
これまでのストリートなイメージから一変
更に幅広いスタイリングに取り入れやすいデザインです。




非常に大きくとられたウエストは
内側のドローコードで絞って履いて頂きます。
ベルトで絞る時とは異なり
ウエスト周りが綺麗に収まるのがポイントです。



ちなみにこちらのスタイリングで合わせているのが
FUMITO GANRYUとSalomon のコラボスニーカー。



今回で3シーズン目となるコラボでは
初のビスポークモデル。
過去2回のコラボでは既存モデルの
カラー変更だったのに対し
今回はインラインのトレイルランニングシューズの
ULTRA3をベースに、オーバーゲイターを上から搭載。
雨や泥などの異物の侵入を防ぐと同時に
天候にも左右されることなく着用できる
完全オリジナルモデル。



ULTRA for FUMITO GANRYU

合わせて是非ご覧頂ければと思います。

さて、長々と綴らせて頂きましたが
続きは是非店頭にて。