18aw OUTER LINE UP!!!

早いものでもう11月。

店内は既に冬支度、AWの入荷も
佳境に差し掛かろうとしている所です。

入荷済みの商品については、
ほぼ全品アップを完了しましたので
おさらいの意味を込めて、
お勧めのアウターをご紹介させて頂きます。

皆様の今季の主役を決める際の
参考にしていただければ幸いです。

まずは当店では性別や年齢の壁を超え
幅広い層に支持されている、FIRMUM。

FIRMUM / コットンヘリンボンコート(L.GRAY&WHITE)

FIRMUMはNO CONTROL AIRデザイナー
米永氏が手がけるアナザーライン。

私的な見解ではNO CONTROL AIRが
モノトーンでソリッドに削ぎ落とした
デザインを主とラインとするならば、
FIRMUMはミリタリーやワークをベースに、
米永氏のフィルターを通すことで
独自のクリエーションへと昇華したブランドです。

例えて言うなら、引き算と足し算のような…

アナザーラインという単純な言葉では、
語り尽くすことができない
ブランドとなっているのです。

 

FIRMUM / コットンヘリンボンコート(BLACK&WHITE)

こちらのコートは一見すると
ウールヘリンボーン地ですが、
そこは生地選びにも米永氏の
遊び心が反映されているフィルマム。

実は起毛加工を施したコットン素材。
コットンであるが故に軽く、
ウールに比べとても柔らかい。

またお手入れもし易く、
とてもFIRMUMらしいと言える一着です。

派手な柄やブランディングなどを行わずとも
しっかりとデザイナーの意思を感じることができる、
それがデザイナーズブランドであると私は思います。



FIRMUM / コットンヘリンボンパンツ(L.GREY&WHITE)

こちらは同生地でセットアップとなる
ワイドテーパードのパンツも展開しております。

ウールに引けを取らない防寒性を持つながら、
とても着やすい性質を持った名生地です。

ユニセックスなパターン(シルエット)でありながら、
無骨さを感じるヘリンボーンを採用するところにも
非常に好感を持ちます。



また、次は同ブランドFIRMUMより
ブルゾンタイプのアウターのご紹介です。

FIRMUM / グレンチェックダブルクロスJKT(L.GRAY&BK/CH)

先ほど、派手な柄は使わなくとも…
という話でしたが、フィルマムに
いざ柄を作らせるとこれもまた良い。

他の服と喧嘩することもなく、
スタイリングの邪魔をすることもない
上品で合わせやすいグレンチェックは
少し無骨に感じるデザインと合わせることで
服の持つ雰囲気を中和して、
トラッドな印象さえ覚えます。

 

FIRMUM / グレンチェックダブルクロスJKT(MEDIUM.G&BK/CH)


さて、次はmy beautiful landletより入荷した
断ち切りのデザインが目を引くコートです。

しかし、実はらしさを感じるのは
ディテールではなく、あえて
オーバーサイズに設定された
肩幅・身幅などなど。


my beautiful landlet / WEATHER CLOTH × JP PILE COAT / BLACK

誰が何と言ってもやはりコートは冬の主役。
面積が大きい分、デザインが効いたコートを着ることで
秋冬らしい雰囲気が高まり、
季節感を意識したスタイリングが可能となります。

ぜひこの冬チャレンジして頂きたい一枚です。 



さて最後に皆様お待ちかねのDulcamaraより
先日入荷したばかりですが早くも品薄状態となった
フォールドチェックシリーズのコート。



Dulcamara / フォールドチェックフードCT(GRAY)

ドゥルカマラからは初登場の生地である
フォールドチェックを使用したシリーズのコート。

ニードルパンチという機械を使い、
針で生地と生地、繊維と繊維を絡ませ、
まるでパッチワーク地のように見せる
全く新しいテキスタイルです。



Dulcamara / フォールドチェックフードCT(BROWN)


全体的にたっぷりとしたサイズ感となっており、
着た瞬間に絶妙なゆるさの
リラックスした雰囲気に心を奪われます。

丸みを帯びたシルエットながら、
裾に配されたドローコードを絞ることにより
メリハリのある形に調整可能です。

ドゥルカマラファンには、ぜひ
この数年に一度の名作を見て頂きたいと思います。


Dulcamara / フォールドチェックワンタックPT(GRAY)

Dulcamara / フォールドチェックワンタックPT(BROWN)

同生地でセットアップでご着用頂ける
テーパード
パンツも入荷しております。

こちらの生地は今季のみの展開となります。
今季チェックやストライプパンツは特に
優れたアイテムが多いですが、
こちらも間違いなく名作。

柄物を未チェックの方には
ぜひ手に入れて頂きたい一本です。



さて、まだまだご紹介できていない
アウターは多数ございますが、
いかがだったでしょうか?

その他についても改めて
ご紹介させて頂きますが
日に日に寒くなり、お客様の需要も
羽織→本格アウターに移っていくのを
肌で感じております。

気になっていたものが
完売してしまう前に
ぜひ手に入れて下さい。

それでは明日もご来店
お待ちしております。