• いろは歌と花火

  • 2017.08.05

  • 皆様こんにちは。

    線香花火が大好きな岡(PEY)です。

    本日は

    今シーズンSasquatchfabrix.より展開され

    話題となっておりますグラフィティ

    〝いろは文様〟について

    綴らせて頂きます。

    スウェットの袖に

    また、シャツ全体に

    プリントされた今回の〝いろは文様〟とは

    実は、染色工芸家であり

    無形文化財保持者《人間国宝》

    〝芹沢銈介〟の代表作。

    ※余談では御座いますが

    私の地元である宮城県仙台市に

    芹沢銈介美術工芸館も御座います。

     

    不思議と地元に所縁がある

    ヒト・モノ・コトに対しては

    興味を覚えずにはいられません。

     

    そもそも

    〝いろは歌〟とは何なのか。

    聞いたことはあっても

    その意味を御存じの方は

    少ないのではないでしょうか。

     

    〝いろは歌〟とは

    全ての仮名を重複させることなく

    1文字ずつ使い

    尚且つそれを意味のある内容に

    仕立てることで

    文字を勉強し易いようにした和歌。

     

     

    花は一度咲き誇っても

    やがて散ってしまうように

    如何なる幸せもいつかはあせてしまう。

     

    この世で永遠に生きる事は不可能であり

    最後は必ず一人で死んでしまう。

     

    何の為に生きているのか

    分からない苦しみの人生を超えた幸せは

    辛い事をごまかす為に酒を飲み

    夢を見ている様な偽りの幸せではなく

    絶対の幸福の身となった。

     

     

    一見〝儚さ〟が

    強くフューチャされがちですが

    私は非常に前向きな意味が

    込められているのではないかと思います。

     

    当時は戦も盛んに行われ

    人の寿命も今より短かった。

    その状況下において

    来世の存在を信じ

    短い現世で起こる様々なマイナスを

    プラスに解釈する強さ。

    マイナスとプラスは紙一重だと思います。

     

    洋服は究極の自己表現

     

    特に意味の無い

    ただかっこ良い言葉を纏うなら

    背景に強いメッセージが込められた

    言葉を纏いたいと私は思います。

     

    長々と綴らせて頂きましたが

    いろは文様がプリントされた

    今季のSasquatchfabrixに限らず

    手に取って頂いた方には

    是非その洋服に込められた背景を

    いち付加価値として

    少しでも感じて頂けたら

    幸いです。

     

    さて話は変わりまして

    今夜は柏で年に一度の

    手賀沼花火大会。

     

    それに伴いまして

    本日は短縮営業となります。

    8/5(土)

    12:00-OPEN/18:00-CLOSE

    誠にご迷惑をお掛け致しますが

    どうぞ宜しくお願い致します。

    岡(PEY)

  • ARCHIVES

    • 2017 (15)